WONDERHOME

収納について、「おすすめの収納アイディアを知りたい!」「実際に暮らしてみて、どんな収納が便利なの?」そんなことを考えたことはないでしょうか?

自由に間取りを設計できる注文住宅では、その自由度の高さが大変魅力ではありますが、反対に「何を基準に収納スペースについて考えたらいいの?」「広さや配置場所は?」といった迷いがでてきてしまうと思います。

収納スペースは、ただ物を片付ける場所ではなく、家事動線や家族構成、生活スタイルを考慮し配置することで、日常の無駄な動きを抑えることができ、格段に利便性がアップします。

今回はワンダーホームの施工事例と共に、便利な収納アイディアをご紹介いたします。

  1. 玄関収納
  2. サニタリールームの収納
  3. ニッチ収納
  4. ウォークインクローゼット収納

玄関収納

家の印象を大きく左右する玄関は、いつでもスッキリと片付いた状態にしていたいですね。

玄関収納はその家に暮らす方の生活スタイルに応じて、適した収納方法が変わってきます。

最近では「靴や傘以外も玄関に収納できるようにしたい」「コートや鞄、自転車や趣味の道具を収納したい」と言ったお声も良く聞きます。

そこでおすすめしたいのがシューズクロークや土間収納の設置です。

靴だけでなく、コートや鞄も一緒に収納できるシューズクロークがあれば、毎朝の支度も快適です。また、玄関で上着を脱ぎ着するため、外からの菌や花粉などを室内に持ち込むリスクも減少します。

次に、自転車やベビーカー、園芸用品、スポーツ用品なども収納したいとお考えの方には、土間収納もおすすめです。土足で入っていけるため、さほど汚れを気にせず外で使うものを屋内にしまうことができます。

オープンなスペースに棚やフック、ハンガーパイプなどを設置すれば、シューズクロークとしても併用でき、大変フレキシブルに利用できます。

 

それでは、ワンダーホームの施工事例と共に、玄関収納を見ていきましょう。

広々とした土間収納。棚は高さ調節可能な可動棚にし、靴や収納ボックスなどサイズに応じて収納できます。玄関と土間収納の間には目隠しとなる折戸があり、来客の際もスッキリとした玄関を演出できます。

玄関との繋がりがスッキリと洗練された土間収納。玄関ホール側にも入り口があり、スムーズに行き来することができます。アウター用のハンガーパイプだけでなく、傘などの小物をかける用のバーを設置し、スマートな収納を可能にしています。

広々とした土間収納付きの玄関。収納部分にはロードバイクやアウトドア用品も収納してあります。

アーチ状の入り口が可愛い土間収納。2ヶ所に稼働棚が設置され、大容量の収納を実現しています。

空間を上手に利用した土間収納。ハンガーパイプを設置し、姿見を置くことでお出かけの際もスムーズに準備できそうですね。

玄関側からは土間収納内が見えないため、とてもスッキリとした玄関スペースに。土間収納内は広々としていて、物の置き場所がしっかりと計画された造りになっています。

 

サニタリールームの収納

サニタリールームとは、洗面、トイレ、浴室など衛生面を保つためのスペースのことです。その用途は、身支度を整えたり、洗濯をしたり、脱衣所だったりと多岐にわたります。

その割に、一般的なサニタリールームのサイズは2畳ほどと、決して広くはありません。洗面台や洗濯機などを置くと、残りのスペースは1畳ほどしかありません。そのため、収納が大きなテーマと言えるでしょう。

清潔感あふれるスッキリとしたサニタリールームは、使う人に心地よさを与えてくれます。収納計画をしっかりと立て、使いやすく快適なサニタリールームを手に入れましょう。

 

それでは、ワンダーホームの施工事例と共におすすめのサニタリールーム収納を見ていきましょう。

 

「可動棚を利用したオープンな収納」

使い勝手の良い可動棚を設置し、オープンな収納に。収納ケースの色や素材を統一させることで、スッキリとまとまった印象を与えてくれます。

 

「扉付き収納」

 

扉付き収納があることで、生活感を感じない空間に。見せない収納にすることで、洗練されたホテルライクな空間を実現しました。収納扉を折戸にすることで、狭い場所での物の出し入れが可能となります。

 

<折戸のメリット>

開き戸に比べて扉を開けた時の飛び出しが少ないため、狭い空間でも手軽に利用することができます。

<折戸のデメリット>

折り畳んだ扉が開口部の端で重なるため、開き戸に比べて有効開口寸法が減ってしまいます。

また、端の部分に折り畳んだ折戸があることで内側の端の部分にある物が取り出しにくくなることもあります。

取り付ける場所によって扉にも向き不向きがあります。

間取りを考える際にそうしたことも考慮しながら計画していくことで、より使い勝手の良い理想の間取りに近づくことができるはずです。

 

ニッチ収納

ニッチとは、壁の一部を窪ませて設けた空間のことです。後付けの棚とは違い、壁の中に埋め込む造りとなっているので、空間を有効活用でき大変便利です。

収納としても、飾り棚としても活用できるニッチ。自分の理想の場所に配置できるのも注文住宅ならではですね。

ただ、ニッチをつくれない場所もあるため、設計の段階で専門家の方に相談するのがおすすめです。

スッキリと生活感を見せない収納もいいですが、見せる収納を組み合わせることで、さらなる特別感が生まれてくるでしょう。

今回ご紹介するのは、見せる収納を中心としたニッチ収納です。お気に入りのインテリアや本などを飾って自分たちだけの特別な空間を実現しましょう。

 

キッチンカウンター下のニッチ収納。絵本などを並べてとても可愛い空間になっています。

こちらは小物などをたっぷりと飾ることができるニッチ収納です。お気に入りのインテリアを素敵に飾ることができる特別な空間ですね。

玄関ニッチ。アクセントタイルを間接照明の光が優しく照らし、上品な空間を作り出しています。

 

ウォークインクローゼット収納

ウォークインクローゼットとは、収納スペースに歩いて入れるクローゼットのことです。

必要なものをひとまとめにすることができるので、毎日の身支度がしやすくなったり、何を持っているのか把握しやすくなるといったメリットがあります。

ちなみに、「クローゼット」は、中に入ることができない収納で、「ウォークスルークローゼット」は2方向に扉があり別の部屋に通り抜けできる収納のことです。

ウォークインクローゼットは基本的にオープンタイプの収納になるため、洋服などが見えている状態です。

「ちょっとこのクロスは目立ちすぎるかも…」「アクセントクロスに使いたいけど派手かな…?」なんて思っても、実際に洋服や収納物を置いてしまったら壁紙部分はあまり目立たなかったりします。

思い切って気になるクロスに挑戦してみるのもいいかもしれませんね!

ただ物を収納するだけではなく、開けるたびに気持ちがあがる!そんな空間を目指してみてはいかがですか?

 

それでは、ワンダーホームの施工事例と共に、ウォークインクローゼット収納をご紹介いたします!

お気に入りのクロスを貼って、お部屋とはまた違った雰囲気に。特別感のあるオリジナリティあふれる空間を演出しています!毎日ウォークインクローゼットを開けるのが楽しくなりますね。

こちらはシンプルでスッキリとした印象のウォークインクローゼットです。洋服をかけるスペースと棚に収納するものとをしっかり分けて、整理整頓されています。物の置き場所がきちんと決まっていることで、格段に片付けがしやすくなります。

こちらは半透明のガラス扉のあるウォークインクローゼットです。まるでアパレルショップのような雰囲気を味わうことができます!

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

住まいに関するお悩みで、まず多く挙げられるのは「収納」についてです。「物が多くて収納量が追いつかない…」「出し入れしにくくてつい出しっぱなしに…」なんてことは多くの方が経験していることでしょう。

いざ、注文住宅を建てる際、そんな悩みが解決するよう自分たちのライフスタイルに合った収納場所や収納スタイルを考慮した住宅設計を心がけましょう。

設計士やコーディネーターといった専門の方に相談してみるのもいいですね。

収納を自由に設計できるのは、注文住宅ならではの魅力です。ぜひ、いろいろと比較、検討し後悔のないお家造りを目指してください。

この記事が快適なお家造りに少しでもお役に立てれば幸いです。

 

 

 

 

日進で注文住宅を建てた方の実例も公開中!

当サイトでは日進を中心に周辺エリアで注文住宅を建てた方の建築実例や価格事例、家づくりインタビューなども公開しています。

日進の注文住宅実例を公開中

特にインタビューでは、「どのように日進市で家づくりをすることに決めたのか」についても語られているので、ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

 

ワンダーホーム「赤池ヒルズモデルハウス見学会」はコチラから↓↓↓

ご相談はこちらから>>>ワンダーホームお問合せページ

家づくりにまつわるお悩みごとは
何でもお気軽に
ご相談ください

0120-21-2103

受付:午前9時30分~午後6時
定休日:火曜日、水曜日

0120-21-2103

受付:午前9時30分~午後6時
定休日:火曜日、水曜日

土地探しや
資金計画もおまかせ!

WONDERHOME WONDERHOME

PAGE TOP

資料請求・
お問い合わせ
土地を探す モデルハウス
見学